緑茶の効能

緑茶の効能

緑茶の効能

お茶には様々な成分が入っていて、健康維持に役立ついろいろな作用があるとされています。

カテキン類で病気を予防
・血圧の上昇を抑える、脳卒中を防ぐ 
・血中コレステロール上昇抑制、動脈硬化を予防
血糖上昇を防ぐ、糖尿病の予防と改善

まだはっきりと証明されたわけではないようですが、お茶の主成分であるカテキンがん予防にも効果的と考えられているようです。
食中毒、虫歯の予防(O-157にも有効)
茶カテキンには殺菌作用抗毒素作用があり、酸に強い性質を持つため、食事中や食後のお茶は胃や腸まで到達し、病原菌を殺菌、食中毒を予防します。

この食中毒予防はカテキンを含む緑茶のみならずウーロン茶や紅茶にも期待ができます。ただし、牛乳と一緒にはのまないこと!!殺菌解毒作用は失われます。

甘いお菓子に茶カテキンを配合すると、虫歯になりにくいことがわかっています。
食後、歯磨きする時間も場所もない時は、緑茶を飲むだけでも虫歯予防に効果があると言われています。
消臭効果、口臭を改善
茶カテキンは、直接臭いの成分と科学的に結合したり菌の繁殖を抑えたり、油脂などの酸化を抑えることによって口臭を改善します。消臭効果を利用してガムやあめサプリメントなどにも、茶カテキンが使われています。

食後にお茶を飲むと、口の中がさっぱりしますよね。食べ物の臭いも消えてる気がします。
うがいでウイルス感染を防ぐ
緑茶を飲むことはもちろん、緑茶でうがいすることでも
インフルエンザの予防効果が期待されています。
花粉症などアレルギーに効果
メチル化カテキンを多く含む「べにふうき」「べにほまれ」などの品種に、花粉症状軽減効果があることが分かっています。

べにふうきはグリーンティ土山でも販売しています。
続けて飲むことが重要!!
肥満を抑える
高濃度茶カテキンで体脂肪の減少
茶カテキンを継続してとることで、肝臓や、脂肪細胞の
脂質代謝を改善することや、体内の熱生産機能を促進し、
さらに運動と緑茶成分の摂取の併用で効率よく脂肪が
消費され、肥満が抑制される
ことが分かっています。

これはCMでもおなじみ。お茶を飲んで、運動しましょう。
肌の老化予防と美容
緑茶のビタミンCは比較的熱に強く、保存に優れています。
肌に弾力を与え水分の減少を防ぎ、メラニン色素の生成を抑制する効果もあると言われています。
老化と認知症予防
茶カテキン、テアニンには老化、特に脳の老化を予防する効果があり、認知症となる危険率を低下させると言われています。
空腹時には番茶・ほうじ茶
胃の弱い方は、進出濃度が高い玉露や抹茶は避けたほうが良いでしょう
リラックス効果
テアニンにはリラックス効果があるといわれ坑ストレス飲料としてお茶を常日頃から飲むことにより生活習慣病の発生や、老化を防ぎ、心身ともに健康な状態を維持できると言われています。

女性特有のイライラ現象、月経前症候群の症状も改善するんだそうです。

何より、お茶の持つ味や香りは、ストレスを和らげ安らぎを与えると言われています
ストレスは様々な病気を引き起こすので、毎日おいしいお茶を飲んでほっと一息ついて、ストレスを和らげ身体の調子をよくして健康になりましょう。

お茶コラム

お茶の飲み方
日常生活においてのお茶の飲み方や入れ方を動画でわかりやすくご紹介します。
緑茶の効能
お茶には様々な成分が入っていて、健康維持に役立ついろいろな作用があるとされています。
豆知識
お茶を飲んだ後の茶殻は、いろんなことに役立ちます。すぐ捨てずに再利用する方法がこんなにたくさんあります。