豆知識

豆知識

豆知識

お茶を飲んだ後の茶殻は、いろんなことに役立ちます。
すぐ捨てずに再利用する方法がこんなにたくさんあります。

お掃除に
茶殻をまいて掃き掃除(あまりべたべただと、
お茶の色がついてしまうので注意)
茶殻には吸着効果があるので、ほこりが立たちません。
出がらし茶を畳のふき掃除に使うと殺菌効果があり、
フローリングを磨くとぴかぴかになるそうです。
消臭に
茶殻を乾燥(レンジでチン!天日干し、フライパンで炒る等)させて下駄箱、冷蔵庫などの臭いの気になるところにおいて消臭剤に。
電子レンジでチンすると、レンジの臭いも取れる。
魚を焼いた後、乾燥した茶殻を少し焼くと魚臭さが吸収される。グリルの受け皿に濃いめの出がらし茶を入れて魚を焼くと、煙も出にくく臭いも少ない。
他にもそのまま灰皿に入れたり、ゴミ箱の中に捨てて、ゴミの臭い消しになります。
キッチンのお手入れに
・お茶を入れた後の茶殻入りお茶パックで
そのままシンクやガスコンロを磨く。
鍋や食器の汚れをあらかじめ取っておくと、洗うときスポンジ汚れも少ない。

・出がらし茶で
まな板、包丁を出がらし茶ですすぎ、よく乾燥させて消臭殺菌。
お風呂に
乾燥させた茶殻をガーゼなどに包み、お風呂に入れて入浴剤の代わりにする殺菌作用で水虫、ニキビ、湿疹に効果。
ただし茶渋がつくのでその日のうちに湯船をシャワーで洗った方がいいです。
茶殻入りパックは、風呂の湯垢を磨くのにも効果的
緑茶の香りで癒し効果も。
化粧品などにも多く使われていて、石鹸にも利用されています。美肌にも効果があります。
料理に
茶殻を細かく切り、ほかの材料に混ぜ込んで、かき揚げにしたり、チャーハンにしたり、つくだ煮、ふりかけ、パウンドケーキなどお菓子の材料の中に混ぜて焼くこともでき、いろいろな方法で、茶殻の栄養を取ることができます。
ただし、茶葉によっては苦みの強いものもあるので、そういう茶葉を使う時は、3~4回お茶を入れてから使うことをお勧めします。
肥料に
土に混ぜ込んで肥料になる(大量に混ぜると雑菌が繁殖しますので注意)
枕に入れて
乾燥させて、枕に入れると、汗を吸ってくれたり、お茶のリラックス作用でよく眠れるそうです。
古くなった茶葉の活用
ちなみに茶葉が古くなったときは、フライパンで焙じてほうじ茶にしたりお茶専用の香炉、茶香炉で熱して香りを楽しむこともできます。

毎日飲むと大量に出てくる茶殻。そのまま捨ててもゴミ箱の消臭に役立ちますが、
うまく活用して、自分に合った再利用の方法をみつけてください。

お茶コラム

お茶の飲み方
日常生活においてのお茶の飲み方や入れ方を動画でわかりやすくご紹介します。
緑茶の効能
お茶には様々な成分が入っていて、健康維持に役立ついろいろな作用があるとされています。
豆知識
お茶を飲んだ後の茶殻は、いろんなことに役立ちます。すぐ捨てずに再利用する方法がこんなにたくさんあります。